【2021年12月更新】豊橋市ののんほいパーク(豊橋総合動植物公園)で動物たちへ「エサやり体験」

豊橋総合動植物公園

※2021年12月更新

愛知県豊橋市にある「のんほいパーク(豊橋総合動植物公園)」で、動物たちへ「エサやり体験」をしてきました。

小さなお子さんも楽しめます!

動物園ゾーンの「なかよし牧場エリアのもぐもぐ広場」に行けば体験できますよ(園内マップ「 1 」)

のんほいパーク園内マップ2021.7

出典:豊橋総合動植物公園(のんほいパーク)

とよこ

「もぐもぐ広場」にいちばん近いのは「西門」です(下の写真)。

のんほいパークの西門
▲ のんほいパーク「西門」

では、動物にごはんをあげることができる「もぐもぐ広場のエサやり体験」を紹介します。

のんほいパークの情報と体験記

目次

もぐもぐ広場の「エサやり体験」の詳細

2021年12月時点での「エサやり体験情報」です。

時間ヤギ・ひつじ → 10:00~11:00 / 13:20~14:00
あひる・カピバラ → 10:00 / 13:20
リクガメ → 10:00(冬季は休み)
場所なかよし牧場の「もぐもぐ広場」
エサ代ヤギ・ひつじ・アヒル:100円
リクガメ・カピバラ:200円

(鳥インフルエンザ対策で、あひるはお休み中)

※ エサがなくなり次第終了

エサやり体験記

2021年12月の体験記です。

※ 写真は過去のものも使っています。

エサの棚は、もぐもぐ広場の中にあります。

のんほいパークのもぐもぐ広場
▲ ふれあい広場のエサの棚

プラスチックのカップに小分けされたエサが、動物別に並んでいます。

棚の前に箱があるので、そこにお金を入れてエサを購入します。

わが家が行ったときには「ヤギ・ひつじのエサ」だけ残っていました。

とよこ

というか、毎回そう(笑)

追記:カピバラのエサやり体験をしました(2021年12月)

カピバラのエサをゲットするには、早めに並ぶ必要がありました。詳しくはこちらの記事で紹介しています。

早速、ヤギのお家へ向かいます。

とよこ

ヤギのお家(?)が、2階建てになっていました♪

のんほいパークもぐもぐ広場
△ 2021年5月

今日の(毎回?)2階の主は「ごま」でした。

のんほいパークもぐもぐ広場のヤギ
△ 2階の主?「ごま」

ヤギにエサをあげます。

のんほいパークエサやり体験

柵のすきまからエサをあげます。

けっこう食欲旺盛でパクパク食べてくれました。

ちなみに、簡単なロープ柵の中にリードでつながれたヤギもいます。

のんほいパークのヤギ

ヒツジにもヤギと同じエサをあげることができますよ。

のんほいパークでエサやり体験

今回はエサをゲットできなかったカピバラはというと…。

カピバラにエサやり体験しました)

カピバラ

こんな感じでジーーッとしていました。

ま~ったく動きません(笑)。

でもそれがたまらなくカワイイですね。

とよこ

さすがに、ごはんのときは動くでしょう…。

2021年12月「カピバラにエサやり体験」しました。

とよこ

カピバラは驚くほど活発に動きました!!

過去のエサやり体験の様子

2020年のエサやり体験の写真を残しておきます。

2020年は寒い時期に出かけました。

なので、カピバラはお風呂での~んびりしています。

季節によっていろんな表情を見せてくれるから、動物園って楽しいですね。

まとめ:のんほいパークで「エサやり体験」

豊橋総合動植物公園

最後に、もういちど「エサやり体験」の情報(2021年12月時点)です。

時間ヤギ・ひつじ → 10:00~11:00 / 13:20~14:00
あひる・カピバラ → 10:00 / 13:20
リクガメ → 10:00(冬季は休み)
場所なかよし牧場の「もぐもぐ広場」
エサ代ヤギ・ひつじ・アヒル:100円
リクガメ・カピバラ:200円

カピバラ・リクガメ(冬季は休み)のエサを確実に手に入れたいなら、時間を狙ってお出かけしてくださいね。

のんほいパークの「なかよし牧場・もぐもぐ広場」のエサやり体験は、子どもがよろこぶこと間違いなしです。

ぜひ体験してみてください。

お役にたてたらうれしいです。

のんほいパークの情報と体験記

豊橋総合動植物公園

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる