のんほいパークの「カピバラのエサやり体験」は大人気!! 早めに行って並ぼう!

のんほいパーク「カピバラのエサやり体験記」

のんほいパークで、動物とのふれあえる体験の1つに「エサやり体験」があります。

季節や状況にもよりますが、

  • ヤギ
  • ヒツジ
  • リクガメ
  • アヒル
  • カピバラ

などに、エサをあげることができるんです。

今回は、なかでも人気のある「カピバラ」のエサやり体験について紹介します。

結論から言うと、土・日・祝日は早めに行って並ばないと「カピバラのえさ」はゲットできない可能性が高い!!です。

とよこ

平日の状況はわかりません…

のんほいパークの情報と体験記

目次

「カピバラのえさ」には行列ができます

「カピバラのえさ」は、人気が高いのと数が少なめなので、エサをゲットするための行列ができます。

カピバラのえさに並ぶ列(のんほいパーク)
△ 12:55のようす

カピバラのえさが棚に並ぶのは「10:00」と「13:20」です。

上の写真は「日曜日の13:20からのエサ」をゲットするための行列です。

「12:55」には、すでにこれだけの人が並んでいました(10組ほど)

エサを確実にゲットするなら20~30分前から並ぼう

エサの配布時間には一旦外へ退出させられる

もぐもぐ広場は「10:00~15:30」まで開いているのですが、エサが配布される時間には、一旦外へ出ないといけません。

エサの時間になると、まずスタッフの方の説明があって、それから広場の中に入っていきます。

なので、外の列に並んでいないと、エサをゲットできません。

両替を忘れずにしておこう

エサ代は「100円~200円」です(カピバラは200円)

お釣りはないので、必ず両替をしておきましょう。

両替機は「もぐもぐ広場」すぐ近くの「授乳室」の建物内にあります(矢印の場所)

写真だとこんな感じです。

こちらが入り口になります。

のんほいパークの両替機がある場所

「授乳室」ですが、両替機のある場所は、男性が入っても大丈夫です。

両替機は入ってすぐのところにありますよ。

1000円→100円玉

500円玉→100円玉

の両替が可能です(5千円・1万円は不可能)

カピバラのえさはこんな感じです

カピバラのえさは、こんな感じです(左の青いコップ)

のんほいパーク「カピバラ」と「ヤギ・ひつじ」のえさ

ヤギやヒツジへは、手で直接あげますが、カピバラはトングを使ってエサをあげます。

カピバラのエサやり体験は楽しい

カピバラは普段「動くのか?笑」というくらい、ジーーーッとしています。

カピバラ

本当に微動だにしないんですよね。

ところが、エサの時間になると、驚きの動きをみせるのです。

カピバラのエサやり体験(のんほいパーク)

あんなに動かなかったカピバラが、柵から顔を出してきます(笑)

カピバラのエサやり体験(のんほいパーク)2

そして、食いつきがとてもいいのです。

パクパク食べてくれます。

せっかくの「エサやり体験」食いつきが悪いと寂しいですもんね…。

そんなギャップも、カピバラのエサやり体験が人気の理由かもしれません。

まとめ:カピバラのエサやり体験

カピバラのエサやり体験(のんほいパーク)2

今回は「カピバラのエサやり体験」について紹介しました。

ヤギやヒツジへのエサやり体験も楽しいのですが、食べすぎて食いつきが悪いことも(笑)

とよこ

ヤギやひつじのエサは、行列に並ばなくてもゲット率高いです。

カピバラの食いつきはと~ってもいいので、エサやりがとても楽しいですよ。

なので、ぜひ「カピバラのえさ」をゲットして、カピバラにごはんをあげてみてくださいね♪

ポイントは

  • 確実にゲットするなら20~30分前から並ぶ
  • 時間は「10:00」「13:20」
  • 100円玉の準備を忘れずに

お役に立てたらうれしいです。

ヒツジ・ヤギへのエサやり体験のようすはコチラ

のんほいパークの情報と体験記

のんほいパーク「カピバラのエサやり体験記」

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる